ゴーストバスターズ (2016年版) エクステンデッド・エディション

2016年・アメリカ

監督・・・ポール・フェイグ

キャスト・・・クリスティン・ウィグ、メリッサ・マッカーシー


    27439407155_3fd4621cc4_o.jpg

 一作目公開当時、今のようなシネコンなどはなく、超満員で劇場の通路の階段に座り込んで観たほどの大ヒットぶりでした。

 クライマックスのゴーザとの対決で、マシュマロマンの登場シーンには超満員の観客が一体となって盛り上がったような記憶があります。(あくまで、主観ですが・・・。)

 そんな映画史に残る誰もが知ってる作品をリブートするとなると、この手の作品は“驚き”が少なくなるので、どうなんかなあ?とやや心配でしたが、案の定、驚きがないという感想に尽きるといった感じかな…。

28665754782_1a32a0c3fa_o.jpg
 
28665748562_dcb31bd6b8_o.jpg

28739465956_7d53557329_o.jpg


 敢えて、第一作の雰囲気を踏襲してるのかと思いますが、30年経って世の中も変わったわけだから、“スライムべちょべちょ”ネタや、ニュートリノ光線の武器を踏襲するのもいかがなものかなと…。
 
 この手の映画は、特撮の完成度と“驚き”が重要な要素だと思いますから…。

26913415814_e950a2d2c5_k.jpg

 
27649784383_20b8586a38_k.jpg

 良いと思ったところは、オリジナルで描ききれてなかった、“ゴーストバスターズ”の命名のいきさつや、“ゴーストバスターズマーク”誕生のいきさつがしっかりと描かれていたところは好印象。

 それと、シガニー・ウィーバーやダン・エイクロイド、ビル・マーレイら、オリジナルの主要キャストが続々とカメオ出演するのは、感慨深かったなあ。(オリジナルから30年ほど経ってるので、観終わったあとで、あの場面のあの人が、あの人だったのね!的な部分もありましたが…。)

 27984220450_31095169e2_k.jpg

27468233170_5b43e86ca5_k.jpg


27468240970_2658b4acdb_k.jpg

 『SPY/スパイ』の監督だけど、イマイチ、本領を発揮できてないって感じだったかな。
基本、コメディだからギャグセンスについていかないと面白くないわけで、日本人には面白さがわからないけど、アメリカ人にはバカ受け!的なところが、多かったのかなあという感じかな…。

 28739410706_a6a9315a1f_o.jpg

 メンバーが男性から女性になったのは、ハロルド・ライミスが亡くなったのがきっかけになってるとのことですが、内容も心機一転リニューアルかと思いきや、そこらへんはほぼ一緒…。
 
 個人的にはどうせなら、設定だけをいただいて、オリジナルとは全くテイストの違った、シリアスな物語にしたり、ホラー色を強めたり、思い切ってベツモノにしたら、意外性で“驚き”があって、もっと面白いリブートに出来たんじゃないかと思った次第です。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445150242
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック