カメラを止めるな!

2018年・・・日本

監督・・・上田慎一郎

キャスト・・・濱津隆之、真魚


46593731342_184e35443c_b.jpg 

 話題作ということで観ましたが、なかなかよかった。

 いきなりのゾンビシーンからですが、テンポいい感じ。
 ただ、映像と音質が悪いので、ずっとみせられるのも酷かなとか、変な間が多いな、とか、演技がへたくそに感じたり、血で汚れたレンズをふくこのカメラマンは誰だよ、とかツッコミどころが多くて腑に落ちない感をひきずりつつも何とか、エンドクレジットまで観たが、その後に、もう一度オープニングする展開に惹かれました。

44894530904_18327fdbee_k.jpg

 二度目のオープニングからの展開で、前半のツッコミどころが、明らかになっていくわけですが、変な間とかが笑いにつながっていて、爆笑しつつ脚本のうまさに感心しながら楽しめました。




 44894538644_792a31ced6_k.jpg

 『ブレアウィッチ・プロジェクト』や『パラノーマル・アクティビティ』を彷彿させますが、根本的には、映画を成功させようとする日常の人々の群像劇ということで、ホラーではないところが安心して見られたって感じかな。
 反面、そこが物足りないって部分もあるのだけれど…。

44705562755_ce4814b479_k.jpg

 監督役の濱津孝行や娘役の真魚(まお)等の迫真の演技力も素晴らしくグイグイ引き込まれた要因の一つかと思いました。

 最終的なラストクレジットでのメイキング映像は,撮影の手間を垣間見れましたが、三重構造のマトリョーシカ的な不思議な感じも受けました。




この記事へのコメント