2020年・・・アメリカ


 監督・・・クリストファー・ノーラン


 キャスト・・・ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティンソン



 50103353961_607e008e65_k.jpg



 クリストファー・ノーラン監督の❝ハードSFシリーズ❞がまたまたやってまいりました!



 『インターステラー』、『インセプション』など毎回、科学的裏付けが徹底された脚本。

 今回もキップ・ソーンなどの物理学者らの科学的見解をもとに作っているとのこと。


 こういう作品は、時間の概念や、ある意味人生観を変えてくれるのが好きですねえ。


 興味のあるジャンルなんですが、やや難解に思えました。逆再生での時間逆行など、最初⁇ってシーンが多かったので、これ万人受けするのかなってのが正直な印象でした。



 それにしても、主人公が❝主人公❞って役名ってのもあれなんですが、他の役名はちゃんとあるのに、どういう意図なんだろう…。


 デンゼル・ワシントンの息子さんと後で知って妙に納得。


 どうりで存在感あったわ。



50066993606_f3a72190d7_o.jpg

50283880123_6194d13ff2_o.jpg

50018837697_1293b14397_o.jpg



 個人的にロバート・パティンソンってのはロボット顔系(勝手にジャンルを作るな!)だなあと思うんですが、この役はなんかかっこよかった。


 新バットマンですしねえ。






 『キックアス』のひと(アーロン・テイラー=ジョンソン)も出てたし。


 『ゴジラ』といい、軍人役多いなあ。キックアスの頃の❝ひょろひょろ男子❞とのギャップにびっくり。




 キャットを演じるエリザベス・デビッキの背高すぎ。

 他の役者とのバランス考えてんのって感じ。


 まあ、なかなかの美人だったけど。

50018049743_730275f68d_o.jpg

 50249878873_c1977c68ac_o.jpg




 旅客機が自動車を踏みつぶしながら建物に突っ込んだり、アクションのひとつひとつがスケールが大きい!


 ハイウェイでのド派手なカーアクションは圧巻。


 特に、キャットを無人車から救出するシーンはハラハラしました。

50284558901_17a0c00529_o.jpg

    

 時間は存在しないってのが理論物理学者先生たちの間では論じられているらしいけど、


 我々の意識が時間を生み出しているっぽいことらしいのですが…。

  

 そういえば、劇中「エントロピーの減少」や「量子力学」などの言葉も出てきましたが、そんなことを無い頭で考えると、

なんとなく本作の逆回しの再生のシーンや、時間逆行の前に自分を見るってのも合点がいく気がするんですが…。



 

 結局、こういう時間を扱ったモノはあまり考え過ぎるとこんがらがってくるんですが、小難しいことはそこそこに派手なアクション娯楽大作に割り切った展開で商業的に成り立たせるところが、ハリウッド大作の粋って感じがします。


 エンターテインメントの中に、科学に思いをはせる機会を与えてくれるクリストファー・ノーランのハードSF路線に今後も注目です。






カテゴリー 日記
コメント 4
トラックバック 0