2021年・イギリス、アメリカ

監督・・・キャリー・ジョージ・フクナガ

キャスト・・・ダニエル・クレイグ、ラミ・マレック




51531272894_22b23f8544_k.jpg
 
 うーん、これは期待外れだったかなあ…。

 トレイラー映像は、いいとこどりそのものって感じで、

  オープニングのアクションが一番すごくて、あとは尻つぼみ感が…。

 まあ、第一作『ドクターノオ』からしっかり007のお約束を守りながら、ずっと続けるのは無理はあると思いますが…。
 

 いつもなら、オープニングシークエンスからすぐ主題歌に行くのに、今回は引っ張ってましたねえ。

  


 ラミ・マレックは正解だったのかな?能面も、顔のケロイドもイマイチ説明不足って感じで、

 用心棒の義眼の❝サイクロップス❞もイマイチ存在感なかったし、


51556865381_d15dcfe40d_b.jpg



 ブロフェルドもあっさり死んだし、

 第一作『ドクターノオ』でもすでに登場していたフィリックス・ライターも逝ってしまうし、

51493473788_a4721dbedf_c.jpg

 個人的にはレア・セドゥよりCIAの新人のボンドガールのほうのが良かったかなあ!?




 ナノマシンとか怖い細菌兵器も登場して、なかなかのぶっ飛んだ話ではあったなあ。

 

 ボンドカーのライトから機関銃 。走行しながらライトに戻る芸の細かさがかっこよかった。



 

 感情に訴えかけることはなかったが、長さは感じさせない映画だった。

 ❝無敵❞なボンドがあっけなく逝ってしまったのは、違和感を覚えたけど、

 エンドクレジットで「Jemes Bond Will Return」とあったので、次回の、新ボンドシリーズでは「実は死んでませんでした。」的なエピソードで始まるのかな?

 しかしまあ、ダニエルボンドも(以外にも)15年間というながきにわたり、お疲れ様でした。